妊娠初期の症状とは!

妊娠したかな?と思ったら。

こんな症状が現れたら、妊娠しているかも知れませんよ!

やたら暑い、熱っぽい

妊娠すると風邪をひいたかな?と言うように、のぼせたりします。

トイレが近くなる

普段トイレにあまり行かない人は何回もトイレに行くようになります。

長時間眠れなくなる

トイレで起きると、結果もう眠れない、と起きてしまったままになり、夜の睡眠時間が短くなりがちです。

やたら眠い

夜寝る時間が短いからか、昼にあくびがたくさん出たり、ハンパない眠気が訪れたりします。

眠れる時にこまめに寝た方が体にとってはいいですね。

やたらお腹が鳴る

たくさん食べても数時間でお腹が減ります。

お腹が鳴るわ、鳴るわ止まらない。

ちょっとつまめるものを用意しておくといいですね。

やたらおならが出る

今までしたことがないような爆音が出るようになります。

びっくりしますよ。

においに敏感になる

ご飯の炊けるにおい、生ゴミのにおい、排水溝のにおい、お弁当のにおい、通り過ぎる人のにおい、ありとあらゆるにおいに敏感になります。

マスクが手放せなくなるでしょう。

吐き気がする、気持ちが悪い

妊娠6週から7週目くらいになると、つわりがひどくなる人もいます。

常に何か食べていないと気持ちが悪かったり、水さえ飲むだけで吐いてしまったり。

常に何か食べられるものを常備しておくとイイですね。

くしゃみをするとお腹がつる

くしゃみをするだけで、お腹がぴきーん!とつることもあるでしょう。くしゃみをガマンすればするほど、連続でくしゃみが出るんだとか。

こむらがえりが起こるようになる

朝、寝起きの時に、何気なく背伸びしたら、ふくらはぎがぴきーん!

そうなった時は、足を伸ばしたまま、つま先を引き寄せると治ります。

妊娠初期は大事に過ごしたいものですね。